カードローンの利用方法はローンカードを発行してATMで借り入れや返済をする方法と、カード発行をせずインターネット上で取引をするという2種類が主流になってきています。

もしローンカードを発行してATMを利用するなら、コンビニATMの利用手数料は必ず確認しておくことをおすすめします。

消費者金融に多いですが、借り入れや返済をするたびにATM手数料が108円や216円などとかかる場合があり、何度も利用するとかなりの金額になりかねません。

消費者金融は自社の店舗にあるATMなら手数料無料になる場合が多いですが、借り入れや返済をするたびに消費者金融の店舗に入るというのはなかなかしづらいことですので、結局コンビニの提携ATMを使うことになる可能性が高いです。毎月の返済もATMから入金するとなると毎月最低1回ずつはATM手数料がかかることになりますので、年間で1,000円以上の違いが出てしまいます。

できればそのお金を返済に回したいところですので、自宅の近所のATMを調べて手数料を無料で使えるサービスがあればそちらを優先するようにしましょう。

コンビニATMが無料になることが多いのは銀行カードローンですので、ローンカードを発行して利用するならば、銀行カードローンを中心に検討してみるのがおすすめです。